FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体質改善に役立ったこと

凍結胚6回(分割胚1回、胚盤胞5回)の移植後、

突然自然妊娠することができ、

いまだに自分の中で飲み込めきれていない部分があり、

このカテゴリーにいる以上、マタニティ日記ではなく、

不妊治療で自分が経験したこと、感じたことを整理してのこしておこうと思います。


昨年10月の6回目の移植で、初めて微々たるHCGの数値(薄い陽性反応)を見ることができました。

その次の周期(11月)では子宮外妊娠または10月の移植の不完全流産によるくっきり陽性、

そして今年1月の自然妊娠による妊娠。


昨年10月の6回目の移植まで、私はそれまで陽性反応を一度も見たことがありませんでした。

いわゆる、かすりもしませんでした。

それが、突然、体が妊娠する機能があることを思い出したかのように、陽性反応がでるようになりました。


同時に自分の中で、身体が変わってきた、ということを感じるようになりました。

昨年は特に「体質改善」ということを意識して生活していました。

その成果が秋になって少しづつでてきたように思いました。

例えば、秋から初冬にかけて寒くなってきたとき、昔は体が冷えてどうしようもなかったのに、
昔ほど冷えなくなった。(昔は冬は電気毛布をして靴下を履いて寝ても寒かったけど、両方無しでもそれほど寒いと感じなくなった)

姿勢を正して長時間座っているということが苦手だったけど、足の力の入れ方によって長時間背筋を伸ばして座っていられるようになった。

昔は極端に体力がなく、電車で立っていたりウォーキングは好きだけど20分ぐらい歩くと疲れてしまっていたのに、電車でも立っていられるようになった、ウォーキングも1時間いけたりジムでランニングマシーンで走れるようになった。

小さな小さな変化ですが、身体の冷えが少しづつ解消された、体力・筋力が人並みについてきた、と感じることが多くなりました。



不妊治療中はいろいろなことを試しました。

お灸、針、各種サプリメント、高価な漢方、ホットヨガ、ジム、エアロビ、腹巻・・・・

今となってはこれが要因、と断言するのは難しいですが、どれも少しづつ効果があったと思います。

その中でも、自分の中で体質改善に大きく貢献してくれたものは、、、

〇ホットヨガ
昨年春から夏にかけて半年ほど通いました。自分のペースではなくインストラクターのペースで高温多湿の中で1時間やりきる、ということで体力づくりにとても役立ちました。また、私はなかなか汗をかかない体質でしたが、ホットヨガにいくと滝のように汗がでてとても気持ちよくリフレッシュ効果もありました。

〇ウォーキング&ジム
不妊治療開始前から週に1回20分ぐらい歩いては、やっている気になっていましたが、昨年は仕事をパートタイムに変えて不妊治療を優先させていたということもあり時間があれば、毎日ウォーキングするようにしていました。とはいえ、一日1時間程度のウォーキングです。午前に30分、夜30分など2回に分けたりしました。夏頃からポケモンGoのおかげでウォーキングにいくきっかけが増えて毎日うろうろ歩いていました。ジムは不定期ですが、月に1,2回ランニングマシーンで歩いたり走ったり、自転車のマシーンを使用したり無理のない程度に行っていました。

〇ルイボスティー
不妊治療を始めてからちょくちょく飲んでいましたが、偶然かもしれませんが、陽性反応が出始めた10月ごろからは毎日1リットル近く飲んでいました。ノンカフェインだし後味もさっぱりしていて飲みやすく、美容にも良いのでたっぷり飲んでいました。

〇ビタミンD
10月の6回目の移植の判定日に、医師よりビタミンDの数値が平均値内ではあるけど低めと指摘を受けたので、すぐに飲み始めました。

〇食生活
パンやジャンクフードを制限したり、米は雑穀米、野菜多め、魚料理多め、和食中心、という食生活を意識していました。



今となっては、不妊治療を始めたころは、葉酸を飲んでいるから大丈夫、マカも飲めばさらに安心、血流改善のためにお灸にも行ってさらに安心、、、と次々に色々試していましたが、結局は日々の食生活+アルファ、そして適度な運動の継続、ということが体質改善に一番結びついたのかなと感じます。



励みになります。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

不妊治療歴3年の奇跡 驚きの自然妊娠

左卵巣付近にできた筋腫のようなものが筋腫か調べるためにMRI検査を予定していた朝、

生理がこないため、念のため念のための思いで使ってみた妊娠検査薬
(万が一にも妊娠していたら造影剤を使用したMRI検査は受けたくなかったため&万が一陽性反応なら胞状奇胎を再度疑う必要があるため)

くっきりでた陽性反応。

凍結胚移植5回目まではかすりもしなかった、

真っ白な妊娠検査薬しか見たことなかったのに、

最近なんだか陽性反応よく見るなー、この検査薬壊れてるのかなー、

とボンヤリ考えて、寝ていた旦那さんをたたき起こす。

旦那さんも妊娠してるかどうかとかよりも、

またHCG上がったの?!、と。

妊娠検査薬が反応してるからHCGは上がってるよねー。
年明けの検査結果でゼロになったの確認したのに、まさかまたあそこからまたHCG這い上がってきたとかあるの?!

やっぱり胞状奇胎なの?!

と、なかなか普通のカップルじゃわからないであろう、ハイレベル不妊治療者の会話をしました。

とにかくその日のMRI検査はキャンセルして婦人科に行くことに。

どうかまた子宮外妊娠じゃありませんように。どうか胞状奇胎ではありませんように。と順番がくるまで呪文のように祈っていました。

そして、、、、


その日の診察で胎嚢確認できました。


ちゃんと子宮の中に、まあるい袋が見えました。


昨年末の子宮外妊娠騒動から不妊クリニックではなく、自宅近くの総合病院や婦人科に通っていたため、

胎嚢確認もそこで行いました。


いまだに自分が自然妊娠したなんて信じられません。

自然妊娠した周期については、左卵巣が機能していなかった(筋腫のようなものせい)のは確実で、

そのせいか普段はっきり反応する排卵検査薬もうまく反応せず、

それまで周期11-14日目に排卵していたのに、その周期は遅れに遅れて18-25日目ごろだったと思われ、

タイミングはとったもの、まったく期待はありませんでした。


胎嚢が見えたことに驚いている自分、

先生からの、

ちゃんと子宮の中に着床してますよ、妊娠していますよ。

という言葉が頭の中に響いて、なかなか理解できませんでした。


不妊治療が長かったせいか、

自分の中で落ち込みすぎないようにガードをはっているのか、

いまだに手放しで喜んでいけない気がして、喜ぶのが怖い、という状態が続いています。

そでれもお腹の中で起きた奇跡は日々元気に成長してくれていて、

無事に心拍確認も終わり、

現在は8週目にはいりました。






励みになります。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村








子宮外妊娠&存続絨毛症の疑い まさかの展開

かなりお久しぶりの更新になりました。

昨年11月にでた妊娠検査薬のくっきり陽性とHCGは、

その後約2カ月弱をかけて順調にHCG値が下がりました。

年末に受けた最後の血液検査の結果を年明けに確認しましたが、

無事にHCG値は0に下がっていました。

これで一安心。

ということで、結論としては、今回のHCG値と陽性反応の原因は、

前回の移植の不完全流産からきたものなのか、次の周期のタイミングで卵巣付近に着床した子宮外妊娠のためなのかは不明となりました。

さて、落ち込んでいても仕方ないので、まだ左卵巣に残っている腫れが引くのを待って、

あと1周期休憩したらまた不妊クリニックに通院再開、と思っていました。

が、左卵巣付近の腫れがなかなか引きません。この時点でまだ5センチくらい。(ただ、出血が徐々に収まってきて超音波である程度はっきり映るようになると、卵巣ではなく卵巣付近ということ。)

そしてそこが筋腫のようになっているとのこと。

腫瘍マーカーも測りましたが、マイナス。

念のため1月末にMRI検査をしてみることになりました。

MRI検査の日が生理とかぶると嫌だなと思っていましたが、

生理がきません。

まさか、年末に一度0に下がったHCG値がまた上がっているのか?・・・

左卵巣を確認にいったとき念のため右も確認してもらって、右は卵胞が膨らんできていたのを確認したので、タイミングはとった・・・

MRI検査当日の朝、やりたくないと思いながら念のための妊娠検査薬。


でました。くっきり陽性。


あまりにすぐに線が出るのでどっちの線が判定ラインだったか説明書で再度確認。

間違っていない。はっきりでているくっきり陽性。

さて。。。

HCGが上がっていることには間違いない。。。



励みになります。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村


子宮外妊娠&存続絨毛症の疑い その後(途中経過)

今週始めの妊娠検査薬でのくっきり陽性から始まった、
子宮外妊娠(卵巣妊娠)&存続絨毛症の疑いのその後は...

Day47(今周期Day35) HCG1440 IU/ml
(前周期の胚盤胞移植日をDay1として数えています)

前日よりもHCGの値が下がったことにより、子宮外妊娠だとしても育っているとことはない、
ということで、通院の経過観察になりました。

存続絨毛症だとしても、HCGの値が上がってないので、とりあえず良い方向ということでした。

そして、一日あけて再度総合病院にて血液検査の結果、

Day49(今周期Day37)  HCG565 IU/ml

下がりました!

ということで、おじいちゃん先生からとりあえず一安心しても良い、という言葉が聞けました。

ただ、掻把もしていないのに、こんな急ペースで下がっているのも見たことない、という一言もあり。
何かのタイミングで、育っていた細胞が一斉にすべて成長を止めない限りこんなことはないと。

・・・・・

考えても考えても、一体何が起きていているのか分からないけど、とりあえず下がっていっているので一安心。

とにかくこのまま下がっていって、自然に流れてきてくれれば掻把のような処置もしなくても良い、とのこと。

ただ、私の場合は、前周期の化学流産&生理後 HCG 9 IU/ml  まで下がったのに、
3週間で2600 IU/ml まで上がったという事実があるため(今周期の自然妊娠の子宮外妊娠なのか存続絨毛症かはっきりしないため)、
HCG値の値が一桁に下がっても気は抜けないと。値が限りなく0になるまで経過観察、とのこと。


リセットしたら今周期も移植しようと思っていましたが、この騒動により当分見送ることにしました。
とにかくHCGが0まで下がって、現在も腫れている左卵巣が通常の状態に戻ることを最優先します。




以下、自分のためにこの数日の症状を記録に残します。
Day48(今周期Day38)  仕事中特に午後から左下腹部と左おしりの上部に痛み 肛門痛 夕方変な色のおりもの 帰宅後痛みで寝込む
Day49(今周期Day39)  HCG565 IU/ml  昨日と同じ痛み じっとしていても痛い 左おしりはつねられてひねられているような痛み 下腹部はズキンズキンという痛み 夕方から右下腹部もズキズキ痛む 夕方少し出血(鮮血) 夜ロキソニン服用 帰宅後痛さで寝込む
Day50(今周期Day40) 薬がきれるとかなり辛い(ロキソニン一日3回服用) 特に左おしり上部が痛む 肛門痛はほぼなし 右下腹部がズキズキ痛む 動くと痛みがでるためほぼ横になって過ごす 夕方から生理1日目のような出血 現在も続く 生理か?



励みになります。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

子宮外妊娠(卵巣妊娠)?存続絨毛症?

今週初めに今まで見たことのないくっきり陽性を見て以来、
調べれば調べるほど、気になってくる2週間ほど前の妊娠反応。
今周期の自然妊娠なら、あのタイミングでうっすらであれ陽性反応がでるのはおかしい。
おそらく前周期の凍結胚移植→化学流産で不完全流産だったのかな、ということで掻把手術を覚悟して、
処置が必要になるのであれば不妊クリニックから紹介状をもって別の病院に行くことになるので、と不妊クリニックには行かず近くの入院設備のある総合病院の婦人科に行きました。

ここは、不妊治療開始当初タイミングとAIHをしていた病院。
不妊クリニックを卒業したら里帰り出産まではここで診てもらおうと思っていました。

こんな形でここに戻ってくることになってそれだけでとても残念。
ちゃんと不妊クリニックを卒業して来たかった。


「お久しぶり!」
2年近くぶりに診察室で会うおじいちゃん先生が元気に声をかけてくれました。
待ち時間に看護師さんがあとどれぐらいで呼ばれますよ、と声をかけてくれたり不妊クリニックにはない暖かみのある対応に心がゆるみます。

超音波検査の結果、子宮内はやっぱりからっぽ。左卵巣に何かの影。
血液検査の結果、HCG値は2664 IU/ml 

以下前周期からの経過をまとめ。(前周期の凍結胚盤胞移植日をDay1としています)※今回このブログの記録が前周期からのことを思い出すのにかなり役立ったため、今後の自分の記録用のためにも残します
Day1 凍結胚盤胞移植(AHA済み、エンブリオグルー使用)
Day10 判定日 HCG 17  IU/ml 化学流産 ホルモン補充中止 妊娠検査薬うーっすら反応
Day12(今周期Day1) リセット
Day16(今周期Day5) リセット終了
Day18(今周期Day7) 診察日 HCG 9 IU/mlまで下がる 左右卵胞が12ミリ程度まで膨らんでいる、内膜3ミリ 妊娠検査薬Day10より少し濃い反応でもうすい
Day22(今周期Day12) そろそろ排卵?タイミング
Day23,24(今周期Day13、14) 排卵?
Day25(今周期Day15) 何となく体調不調が続くので妊娠検査薬使用 Day18より反応 終了線の半分ぐらいの濃さ→クリニックに相談もせずリセット待ちをすることに
Day26-36(今周期Day16-25)お腹が張っているというか腫れている感覚?たまに下腹部に鋭い痛みあり 夫に採卵後のOHSSの症状みたいと訴える 気にしすぎかな?
Day37(今周期Day26) 下腹部痛で目覚め下痢。一日中強い胃痛、腰痛、肛門痛 特に肛門痛がひどく歩きや電車の揺れで響いて痛い リセットだと思い鎮痛剤服用 夜さらにひどい下痢。
Day38(今周期Day27) 少し回復、胃からおへそ周辺が重い。押すと痛い。夕方ごろ左下腹部にズキンズキンと痛みがはしる 盲腸かも?!と思ったけど1時間で止む。風邪かな?と思う。
Day39(今周期Day27) 下腹部痛で目覚める 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 いよいよリセット?夕方には子宮を引っ張られる痛み
Day40(今周期Day28) 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 夕方は引っ張れるような痛み 胃が重い
Day41(今周期Day29) 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 夕方は引っ張れるような痛み 胃が重い なぜか肌の調子が良い
Day42(今周期Day30) 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 夕方は引っ張れるような痛み 夕食後お腹が張る 肌の調子が良い
Day43(今周期Day31) 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 夕方は引っ張れるような痛み 夕食後お腹が張る 肌あれ開始いよいよリセットか?
Day44(今周期Day32) 妊娠検査薬くっきり陽性 胃に違和感 ときおり下腹部痛、肛門痛、腰痛
Day45(今周期Day33) 妊娠検査薬くっきり陽性 午前中は生理痛のような痛み&肛門痛 夕方は引っ張れるような痛み、胃に違和感
Day46(今周期Day34) 妊娠検査薬くっきり陽性 HCG2660 IU/ml  午後から左わき腹、左腰、下腹部にかけて強い痛み、肛門痛、電車で座っていると痛みで冷や汗 途中下車しようか迷うレベル

前周期の移植日を基準にしたのは、現段階でも今出ているHCGが前周期の胚盤胞移植のためなのか、今周期の妊娠反応なのか分からないから。

上記の結果とHCG値、超音波検査の結果からでた診断は、、、

何が起こっているのかわからないとのこと。

可能性のあること。
①子宮外妊娠、左卵巣に見える影が怪しい。でも現段階で胎嚢のようには見えない。左卵巣が2倍近くに腫れ、出血していることは確実。卵巣妊娠は子宮外妊娠の中でもかなり稀。
②存続絨毛症 Day25 で妊娠反応があったことから。かなり稀。
③自然妊娠  HCG2660 IU/ml という数値と週数からまだ胎嚢が見えなくてもおかしくない。その場合Day25の妊娠反応の説明がつかない。

行う処置
①子宮外妊娠(卵巣妊娠)腹腔鏡手術か開腹手術で左卵巣切除。
②存続絨毛症 掻把手術、抗がん剤治療の可能性。要経過観察。
③胎嚢確認

不妊クリニックの意見も聞きたいというおじいちゃん先生のリクエストにより、
おじいちゃん先生からの紹介状を持って急きょ不妊クリニックに行くことになりました。
不妊クリニックは夜間対応していないため、激痛がきたらおじいちゃん先生は当直で夜もいるから即刻連絡するようにと指示あり。
卵巣破裂の恐れにおびえる。

不妊クリニックに向かっている道中、急に急いで駅まで歩いたりしたからか左わき腹から左腰、左下腹部にかけて強い痛みが始まりました。この痛みで初めて卵巣妊娠が現実味をおびた気がしておびえる。
乗り換えポイントで仕事を抜けてきてくれた旦那さんと待ち合わせして、痛みに耐えながらどうにか不妊クリニックに到着。

ここでは、おじいちゃん先生からの紹介状があったので、経緯を伝えるのにとても助かりました。
いつもは診察ではあまり会わない優しい女医さんということにも救われました。

ただ、女医さんの所見も変わらず、

何が起こっているか分からない。とのこと。

そして、やはり、

左卵巣が腫れ、血液が集まっている。ここに子宮外妊娠の可能性を捨てきれず。(Day18(今周期Day7)の超音波画像と比べても前回はなかった)
それが移植した胚盤胞なのか、今周期のタイミングで受精したたまごなのかはわからない。
もしかしたら、

Day25の陽性反応は胚盤胞移植により存続絨毛症になっていてでた陽性反応で、加えて今周期のタイミングで左卵巣に着床して卵巣妊娠したのではないか。

希望しないなら今日入院して緊急オペということにはならないけど(まだ経過観察の猶予がありそう)

子宮内は掻把、左卵巣は切除 の処置が必要かも。

という診断でした。

経過観察はHCG値がこれから上がるのか下がるのかをみて、超音波でも子宮と卵巣をみていく、とのこと。

この段階で、子宮内に胎嚢が見えてくるという可能性(自然妊娠)は無いという前提で話をされていたので、0.0000.....1%だけ持っていた希望はここで捨てました。

腹腔鏡手術の場合は1週間程度の入院、開腹の場合は2週間程度の入院。
希望があれば、今すぐ他院に紹介状を書いて入院して特に出血している卵巣を診てみてもよい、
他院に入院しないなら明日またHCG値を測りに来てほしいとのこと。

不妊クリニックでの経過観察は自宅から遠く待ち時間が長時間になることもあり、
何かあれば救急外来のあるおじいちゃん先生のいる総合病院での通院経過観察を希望して、今度は不妊クリニックからおじいちゃん先生への紹介状を持って帰ってきました。


あまりのショックに何の感情もわいてこない。

たんたんと夜を越し、今日は不妊クリニックからの紹介状を持っておじいちゃん先生の元へ。

血液検査の結果が出る前(HCGの数値が分かる前)に診察室に呼ばれ、

入院をいつするのか、という相談が始まる。

まだ猶予があると思っていたけど、HCGの数値が昨日より上がっていたら即日入院とのこと。

今日の超音波検査の結果から考えられる可能性はやはり昨日と同じ。でも、左卵巣に出血の影はある。でも出血で胎嚢には見えないこと。

子宮外妊娠じゃない場合の存続絨毛症の抗がん剤治療のこと。などを明るく説明を受ける。

仕事どうしよう。
実家に連絡するか。
どれぐらい入院するのか。実家は遠いから入院大変だな。
抗がん剤って気持ち悪くなるのかな、髪の毛抜けるのかな。
不妊治療はどうなるのかな。
妊娠というカテゴリーにおいては、どこまでも少数派にはいっていくなー。

とか考えていると、さすがに自分の人生を呪ってしまう。


そして、今日のHCG値がでました。

Day47(今周期Day35) HCG1440 IU/ml  朝から左腰と肛門痛、勢いよく歩くと響く痛みあり

昨日より下がった!?

Day18(今周期Day7)HCG9IU/mlから昨日(HCG2660IU/ml)の間のデータがないから予測しかできないけど、

ピークは激しい痛みのあったDay37あたりで今下がっている=流産している途中ではないか、という診断に変わりました。

ただ、やっぱりここでも移植した胚盤胞なのか、今周期のたまごなのかはわからない。

とにかくかなり稀なケース。学会で発表したいけど原因がわからないからなーと言われる・・・

とにかくHCGが下がったことにより、今日すぐの入院はなくなり、

HCGが下がっていくか通院での経過観察ということになりました。

下がっていけば、自然流産という形で処置も必要なくなるとのこと。

まだ、左卵巣も腫れていて出血があるためこちらも要経過観察だけど、
血液検査の結果貧血もないため、それほどの出血量ではないとのこと。


HCGが下がって流産ではないかということを喜んでしまったことに、状況の悪さを認識しました。

流産てせっかく宿ってくれた赤ちゃんがまた居なくなってしまうことなのに、それで安心するなんて。

一日で急に向き合った、卵巣妊娠、卵巣切除、存続絨毛症、抗がん剤治療。

こんなキーワードを検索している状況が非現実的すぎて、

気持ちがついていけません。














励みになります。
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

プロフィール

りんどう

Author:りんどう
初めまして。
関東在住りんどうの不妊治療の記録です。
私32歳、夫32歳。
現在は都内の不妊クリニックに通っています。

●おおまかな治療歴●
タイミング6回
AIH6回
採卵3回(低刺激1回、アンタゴニスト法2回)
凍結3日目胚1回
凍結胚盤胞移植4回

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。