FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去5回の移植まとめ

プロフィールでちょこっとだけ治療歴を残してありますが、
今までの胚移植のまとめ。(周期によって記録があいまいな部分あり)

1回目 2015年10月 凍結胚盤胞移植
ホルモン補充(エストラーナテープ、膣座薬、HCG投与あり) 
ホルモン補充前周期にピル周期(プラノバール)→プラノバール服用後すぐに頭痛・眼痛・顔右半分に強い痛み・涙が止まらない→急きょ脳のMRI・CT検査→異常がないことからプラノバールの副作用が濃厚→ピルは低用量に変更→移植周期D3の血液検査でE2が高すぎた(158)がホルモン補充開始→内膜が厚くならずバイアグラを膣から投与→移植日にはホルモン数値はすべて規定値内に落ち着く・内膜は8ミリ→移植日 一番グレードの高い5日目4AB凍結胚盤胞融解中に収縮が止まらず破棄→同じグレードの胚盤胞を融解・移植→陰性
移植した胚盤胞のグレード5日目4AB

2回目 2015年11月
自然周期(HCG投与、膣座薬あり) 凍結胚盤胞移植 AHA予定が融解中に殻が破ける
移植→陰性
移植した胚盤胞のグレード6日目4AB

3回目 2016年1月
自然周期(HCG投与、膣座薬あり) 3日目凍結胚移植→陰性
凍結3日目胚移植

4回目 2016年2月
自然周期(ルトラール点鼻薬、膣座薬あり) 凍結胚盤胞移植
移植→陰性
移植した胚盤胞のグレード7日目4AB

転院後
5回目 2016年8月
ホルモン補充(プレマリン内服、エストラーナテープ、膣座薬、移植後バファリン服用 凍結胚盤胞移植 AHAあり)
前周期にERA検査によるスクラッチ法効果の期待あり
移植→陰性
移植した胚盤胞のグレード 5日目4BB


移植一回目が気持ち的にも一番期待していた分、トラブル続きで精神的にも体力的にも一番堪えました。

当時通っていたクリニックがピル(プラノバール)周期を挟む方針だったので、採卵の誘発前周期にも服用していました。
数回経験した今だからわかりますが、採卵のためのホルモン補充周期の薬剤量がとても多かったです。
かなり強めの刺激を行うクリニックだったと思います。
いろんな要因はあったと思いますが、移植周期前のピル周期では体が悲鳴を上げてしまい、自分でもくも膜下出血か脳梗塞かと思うような頭痛と顔面痛に襲われ、急きょMRI・CT検査を受けました。
結局プラノバールの副作用ということでした。
このクリニックでの治療中に問題だったE2高値と関連することもあり、プラノバールや低用量ピルに関してはまた別途詳しく残したいです。

いろいろなトラブルがありつつ一回目の移植をしましたが、あっさり陰性。
あの頃は早く移植すればすぐに妊娠できると信じていたので移植を進めましたが、今では1回目の移植周期はキャンセルするべきだったと強く思います。一番グレードの高い胚盤胞を無駄にしてしまったと感じます。

また、4回目の移植では7日目胚盤胞を移植しました。
グレードは良かったですが、
7日目胚盤胞で妊娠すると、学会で報告をあげるレベルの確率、と現在通っているクリニックで聞きました。
グレードは高かったので無駄にはしたくなかったですが、7日目胚盤胞1個で移植するのではなく、
他の凍結胚が残っている段階で2段階移植や2個移植の一つとして移植する方法はなかったのか、と思います。
もちろん、こちらからお願いはしていましたが、クリニックの回答は年齢的に多胎児妊娠の確率が高く2段階移植も2個同時移植もだめ、ということでした。
移植するだけで費用は15万円ほどかかります。7日目胚盤胞を移植したことに後悔はしていないですが、費用面でも胚盤胞の残数の面でも、もっと良い方法はなかったのかと、今でも思います。

今までの移植の経験から、ホルモン補充、自然周期、胚盤胞のグレード、どれも決定的な陰性要因は見当たりません。
最高レベルの胚盤胞ではなかったですが、良好胚と呼ばれるものを移植しました。
胚盤胞ではなく、3日目胚も移植してみました。
結果はどれも陰性。着床すらしていません。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6回目の移植日決定

先日クリニックに行って、血液検査と内診を受けて、
無事にすべての数値をクリアしたので、6回目の凍結胚移植日が決定しました。
来週早々に移植予定です。

移植日決定の時点での内膜9ミリを目標にしていましたが、8.5ミリでした。惜しい!
前回5回目移植の時は、移植日決定時の内膜は7.8ミリだったので、前回より良い。(移植日には10.5ミリありました)

その前までの移植もだいたい7-8ミリをうろうろしていたと思います。(薄めです)
1回目の移植準備周期では、ぜんぜん厚くならず、錠剤のバイアグラを膣から毎日入れて厚くするようがんばりました。
結局移植日も8ミリ程度だったという苦い記憶があります。
(あの時早く移植したくて先生に無理を言って移植しましたが、良好胚盤胞を一つ無駄にしたと今なら思います。
調子の悪い周期は諦めるのが良い。
あくまでも、移植が目標ではなく、妊娠が当面の目標。)

でも内膜の測り方は、ドクターと超音波の機械によって1,2ミリは変わる気がします。
前のクリニックより、今のクリニックの内診の検査機の方がモニターにクリアに映るので信頼できる気がします。

第6回目の移植なので、移植のための付属オプションもいろいろつけます。
①AHA これはだいたい毎回やっています
②エンブリオグルー 初めての試み(4万8000円!他院よりかなり高額な気がしてならない。。。)
③免疫下げます 初めての試み 黄体ホルモン(膣座薬)投与開始と同時に免疫を下げる薬を内服開始
④血流改善 前回の移植5回目は移植日から子供用バファリンを服用しましたが、今回はこちらも黄体ホルモン開始と同時に内服開始

その他胚盤胞2個戻しを強く希望しましたが、多胎児妊娠への懸念から認められず。
前のクリニックでも年齢的にだめ、と言われ、
いろいろな方法を試せるように今のクリニックに転院したのにやってもらえません。
もちろん初診時にも確認して試せると聞いていました。シート法もだめ、二段階移植もだめ。
クリニックの方針が変わったとかそういう説明もなく、
「多胎児妊娠の危険性から、よっぽど時間がない人じゃないだめ」という一言。
5回目の移植でもお願いして、今回も強くお願いして、、、反論するのも疲れました。

ここまできたら確率どうのという話ではなく、試せる方法は全部試したいのに残念です。
むしろ私の場合は、妊娠確率の統計からすでにかなり外れてしまってるのに。。。
複数回移植後から2個戻しや、シート法、2段階と試させてもらえてる方が羨ましいです。

もしも、考えたくないけど、7回目の移植もしなければいけないなら、
もっといろいろな方法で移植を検討していただけるクリニックへ凍結胚を持って転院を考えなくてはいけないかもしれません。
このほかにも最近クリニックに関して思うところあり。

転院の情報収集はしつつ、まずは今回。
移植に向けて、健康管理に気を付けて、軽めの運動して、バランスのとれた食事をとります。
(今日のランチはマックだったけど。。。)
気を張りすぎず、リラックスして、笑って、過ごします。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

少し悶々として

前回クリニックでNK細胞とビタミンDの検査結果を聞いて以来なんだか気持ちが晴れません。

NK細胞もビタミンDも問題ないとなると、やっぱりうちの不妊の原因は受精卵の質なのか、と。

そうだとしたらどうしたらいいんだろう。

クリニックのドクターからは「受精卵検査」を勧められている。

顕微授精で受精させた受精卵の遺伝子検査をするというもの。

これもまだ日本では受けられない検査のため、受精卵を海外に送る必要がある。

受精卵一つにつき胚移植と同じぐらいの必要がかかる。。。。


とはいえ、今は6回目の移植周期の真っ最中。

ネガティブな気持ちでいるよりも、明るく笑っている方が良いに決まっている。

きっとその方が内膜も厚くなる!

たんたんとエストラーナテープを貼り替えてプレマリンを飲み日々。

そろそろ6回目の移植日が決定します。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



不育症検査:NK細胞活性とビタミンDの検査結果

先日クリニックに行った際に、今周期3日目に受けたNK(ナチュラルキラー)活性細胞とビタミンD検査の結果を聞いてきました。

結果、両方とも平均値ど真ん中。まったく問題なし。

うーん。

何となく自分の中の感でもしかしたらNK活性細胞が高すぎて、受精卵を自分の体から排除しようとして攻撃しているのかな、
と思っていましたが、血液検査の結果からすると大丈夫みたい。うーん。

異常がないのは良いことなのですが、原因不明不妊から抜け出せず。。。
原因を見つけたら治療して終わり!っていうわけじゃないのはわかっているけど、
いろんな検査を高額で受けて、どれもこれといった異常がない、となるとなんだか手ごたえがない。

異常がない分希望がある!と考えよう、と今日も無理やり前を向く!


クリニックに行く前に、事前に「着床障害外来」の看板をあげている他クリニックのスクリーニング検査の項目をメモして行って、
受けていないものがあってこちらで受けられるものがあるなら受けてしまいたい!
と先生に伝えましたが、

転院してきたときに全部受けている。どれも異常なし。

とのこと。

異常がない分、希望があるはず!



移植6周期目、ホルモン補充は順調です。
来週再度クリニックに行って6回目の融解胚盤胞移植日を決定します。




にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



ERA検査について④(検査当日のお話)

今日もこの夏に受けたERA検査のお話。 その① その② その③

(これからERA検査を受けられる方、ここからERA検査の痛みについての描写もありますので自己判断でお読みください。)

ERA検査当日は食事等の制限は何もありませんでした。
いつも立ち寄る乗換駅にあるタイレストランでランチをしてクリニックに一人で向かいました。

クリニック到着後すぐに採卵や移植時に案内される個人ブースに案内され、
手術着のようなものに着替えてベットでゴロゴロしながら時が来るのを待っていました。

ERAは無麻酔で行いました。事前の痛み止めの座薬や内服薬もありませんでした。お化粧もしたままでOKでした。

検査予定時間15分前には、手術室(?)のような不妊クリニックで唯一医療施設っぽい部屋に案内され、3分前には先生登場。
ERA検査に関しては採卵・移植より時間厳守で進んでいきました。

「痛くない」という先生の言葉をまったく信じていませんでしたが、
卵管造影検査、無麻酔採卵含む採卵3回、重度のOHSS、移植数回などなどをすでに経験していたので、直前まで特に緊張もなし。こちらもだてに不妊治療経験を積んでいません。

「これで引っ掻くんだよ」ってプラスチック?の細いストローのようなスコープのようなものは見せていただきましたが、どの程度の痛みなのかも想像もできません。
どうせ痛いはず、と半分投げやりモードで検査スタート。

はい、すぐに痛みに泣き叫ぶ自分がいました。

前提としてわたしはかなりきつめの子宮後屈ということがあります。採卵でも移植でもなかな器具が入りません。
子宮内膜を引っ掻くためのスコープを通す管か何かが入らないと先生が試行錯誤していました。

それだけでおもーい生理痛が急激に襲ってきたみたいな感じでした。

「はい、いくよ」

と先生が言うと同時に、経験したことがない(鋭くない)太い痛みに体の中から突き上げられる。
無麻酔採卵とも卵管造影検査の重い生理痛のような痛みとはまた違う、
経験したことのない種類の激痛レベル以上の痛み。

「はい、いくよ」=「引っ掻くよ」ってことだったんだと思います。

もう、悶絶。

「痛い痛い痛い痛いー!!!!!あ゛ぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」と泣き叫んでいました。

でも先生が、「取れない。もう1回いくよ」 

と悪魔のセリフとしか思えない言葉を繰り替えし。。。

引っ掻いて内膜が取れたか確認しているときは一瞬痛みもやわらぐ(それでも尋常じゃない痛みは続いている)ので、その時に
「もういい!もう無理!!もうほんとにいい!!!」 
とこちらも真剣に訴え。。。
あまりの痛みに感情がおかしくなっていて、
真剣に先生に「もう止めて」と命乞いでもするかのような自分の姿に、日常とはかけ離れた修羅場な瞬間に可笑しくなってしまって、
途中は泣き笑いに変わってしまった。
そんな自分に、これまじでやばいな。と変に冷静になって。。。

その半面、卑屈モード全開な自分も出現したり。。。
だって、もう、なんか、なーんなんだろ。
病気じゃないのに、元気なのに、大の大人がこんなに泣き叫ぶまでの、ここまでの痛い思いして。
しかも自分が希望して受けている検査。誰かに強制されたわけじゃない。
しかも高いお金払って。。。
自然に妊娠している人はしなくていい検査。一生知ることのないこの痛み。
妙に卑屈になった自分に何か悲しくなってさらに涙がでてきました。

それでも、検査は進みます。
先生が器具を変えて、
「はい、またもう一回いくよ」
って何度目かの悪魔のセリフを言った後にはこちらももう、
「いやーーーーーーーーー!!!!!!」
って。
もう検査なのか、何かのプレイなのか。。。



というやり取りを数回繰り替えしてどうにか終了。時間は10分程度だったと思います。
結局2回の引っ掻きでERA検査用と生体検査用の検体を取る予定でしたが、5回引っ掻いてぎりぎり検査に足りるぐらいの検体が取れました。

終わった後はしばらく生理痛のような痛みがありましたが、
検査中の修羅場はすぐに忘れてケロッとしていました。

ERA検査当日の朝の膣座薬(黄体ホルモン)でその周期のホルモン補充は終わり。
5日後ぐらいにリセット予定でしたが、検査翌日ERA検査での出血かなー?と思っているうちに、
どんどん出血が多くなり、そのまま本格リセットしました。

ERA検査は検体を海外の検査センターに送って結果が届くまでに2週間ほどかかります。
結果が届くまでの間に、リセット&移植周期のホルモン補充を開始して、結果をみて移植日を決定しました。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



ERA検査について③

今日もこの夏に受けたERA検査のお話。 その① その②

ERA検査は、移植するタイミングの内膜は受精卵が着床可能かを調べる検査です。
いわゆる「着床の窓」が開いているタイミングも期間も人それぞれ。自然周期の場合は排卵から5日目から6日目に着床するということが多いようです。
私の場合も、過去の融解胚移植は高温期5日目に移植していました。(ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン補充開始から6日目)
この移植のタイミングが合っていたのかを調べます。

ERA検査の結果が「Receptive (着床可能)」とでたなら、胚移植するときも黄体ホルモン補充開始後ERA検査をしたタイミングと同じタイミングで移植します。
結果は、「着床不可。2時間後に要再検査」「二日後に要再検査」というような内容のこともあるようです。(結果は海外の検査機関から英語で届きます)
再検査を指示された時間分だけおそらく「着床の窓」が開くタイミングがずれているため、その分だけずらして移植すればOK、という先生と、やはりその時間分だけずらして再度ERA検査をしてみないと移植は不可、という意見の先生がいました。
再検査は避けたいな、と思っていましたが私の場合はすっきり「Receptive」という結果だったので、再検査は不要でした。

普段数時間待ちをしている不妊クリニックですが、ERA検査の日だけはきっちりと予定通りの時間に検査が始まりました。
黄体ホルモン補充開始はERA検査の開始時間から逆算しました。
黄体ホルモン(膣座薬)投与開始は、○月○日のきっちり何時開始、という指示がでました。1時間も遅れてはNGということだったので、膣座薬を入るまで忘れてしまわないように職場でソワソワして落ち着きませんでした。

検査は「2回(ERAと同時に行う生体検査の分も含めて2回)引っ掻くだけだからすぐ終わる。痛くない。」と聞いていました。
が、私の今までの不妊治療の経験からすると、先生が「痛くない。ま、でも人によっては。。。」と言うときは、かなり痛い、と解釈しています。(大いに偏見あり)
筋肉注射など、痛いけど耐えられる範囲のときは「ちょっと痛いよ。」と言われる気がします。
なので、ERA検査、相当痛いと予想されました。
私は、卵管造影検査でも痛みに悶絶し、あと3秒痛みが続いていたら、間違いなく先生を蹴ってでも検査を中断させていたと思います。
いい年をした大人が涙を流して、「痛い痛い痛い痛いー!!!!!」と叫びました。
ERA検査も卵管造営検査レベルかもしれない、、、耐えきれるのか、、、大大大不安の中検査に挑みました。


続きはまた後日書きます。。。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



ERA検査について②

今年の夏にERA検査を受けました。
まだ記憶が鮮明なうちにERA検査のお話。
ERA検査について①はこちら→リセット&ERA検査について①


ERA検査については医療法人オーク会のサイトで詳しく説明されています。

数年前まで日本では受けられなかった検査ですが、最近は検査可能な医療施設も増えてきたようです。
ただ、検査で得られた検体は日本国外の検査センターに送り、結果を待ちます。

検体を国外に輸送する費用もかかるため、一回の検査に18万円ほどかかりました。
ERA周期はホルモン補充も行ったため、検査費用とホルモン補充の薬剤費用で合計20万円ぐらいでした。
ホルモン補充の移植周期と同じぐらいの費用です。。。

それでも、良好胚を移植しているのに着床しないのは移植のタイミングがずれているのではないのか、移植する日の内膜は着床可能な状態なのか、という疑問を払拭すべく検査を受けました。
悩ましいほど高額な費用、ERA検査をするということは一周期をERAのために使う、、、
それでもはっきりさせたい「着床の窓」のタイミング。
そんな思いでERA検査を受けました。

また、「内膜スクラッチ法」という効果もERA検査に期待していました。
移植の前周期に内膜を少し傷つけると、着床しやすくなる、という効果です。
ERAは子宮内膜を引っ掻いて(スクラッチして)内膜の細胞を採取するため、スクラッチ法と同じ効果があるということでした。
傷つけた内膜が癒えるタイミングで移植することで、着床しやすくなる、ということのようです。

検査当日のことはまた別途書きます。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村



凍結胚移植6周期目ホルモン補充開始

今日は周期開始の1回目のクリニックの日。

血液検査&内診クリアで今周期もホルモン補充開始。
今周期こそは陽性反応が見たい!

内診では内膜4ミリ、移植日決定の2週間後までに9ミリには育てたい!
PCO気味なので周期4日目の今日、すでに9ミリぐらいの卵胞が複数ありました。(いつも通り)
ホルモン補充は、エストラーナテープ3枚(2日に一回張り替え)だけだとこの↑の卵胞が容赦なく膨らんできてしまうため、
プレマリンも一日2回内服します。
基本的には「黄体ホルモン補充後5日目の内膜 着床可能」という結果のでたERA検査を行ったときの内膜を再現するため、まったく同じ容量を補充します。移植も、黄体ホルモン補充開始後ERA検査を行ったタイミングとまったく同じタイミングで移植します。(1時間でもずれるのはNG)
ERA検査に関しては数日前の日記をどうぞ。リセット&ERA検査について①

ただ、今周期は黄体ホルモン(膣座薬)開始後にステロイド剤を投与して、移植日まで一時的に免疫を低下させて移植する、という方法も取り入れる予定です。

今日は診察でビタミンDとナチュラルキラーの数値も測りたいか聞かれたため、検査できるものは何でも検査してみたい!と、診察後にさらに血液検査をしました。
両腕絆創膏\(^o^)/不妊の原因が解明できる可能性があるなら、いくらでもとってくださいな。

そして超音波では見えていない着床を妨げている原因が内膜にあるかもしれない、というとから、来週急きょ子宮鏡検査も行うことになりました。

移植も6回目になると淡々と繰り返すしかないと思っていましたが、まだやれることは残っていそうです。



にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

ホットヨガで体質改善

今日はホットヨガに行ってきました。
この春から体質改善&運動不足解消のために週に1.2回通っています。

もともとインドア派で運動が好きではないので、"汗をかく"ということがほとんどありませんでした。
自己流でたまにジムに行ったりウォーキングに行っても、汗をかくまでには至りませんでした。
少し体が熱くなるとそれ以上は動けなくなる感じでした。汗をかけないので、熱が体にこもってしまっていたのかもしれません。
でもホットヨガに行くと体の中の水分が全部出ちゃうんじゃないかなっていうぐらい汗をかきます。
体が、長年忘れてしまっていた"汗をかく"ということを思い出してくれたように感じます。
半年ほどホットヨガクラスに通って、クラス外でもウォーキングやジムで汗をかけるようになりました。
"汗をかく"まで続けられる体力がついたのかもしれません。
基礎筋力もついて姿勢もよくなりました。

妊娠という結果がでていないので、妊活にどれほど効果があるのか測ることは難しいですが、
滝のように汗をかくととても気持ちよくリフレッシュ&リラックスできるので、
これからもウォーキングやジムと合わせて取り入れていきたいと思います。





にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

リセット&ERA検査について①


昨日リセットしました。
本当は今日リセットが理想だったけど、早々にリセット。
また今周期も凍結胚盤胞移植周期です。がんばろう。

ERA検査について①
この夏にERAという検査を受けました。
ERAは、凍結胚を移植するその日、子宮内膜の状態は胚を受け入れ可能か(着床可能な状態か)を調べる検査です。
俗にいう、「着床の窓」が開いている状態かを調べます。
私の場合は、実際に凍結胚を移植する周期はホルモン補充をすると予測できたので、
ERA周期にもホルモン補充を行いました。
クリニックから説明を受けたときには、移植しない周期にホルモン補充するなんてお金の無駄だし、
体にも負担になるから嫌だなと思いました。
でも、ホルモン補充なしで育った内膜の状態とホルモン補充を行って育てた内膜の状態は異なる。
検査結果を元に移植日を決定するのに、内膜の状態が異なっていては意味がない。
自然周期で検査を行い自然周期で移植するよりも、ホルモン補充でERAを行いホルモン補充で移植する方が内膜状態の再現性が高い。という説明を受けて納得しました。
そしてホルモン補充をして迎えたERA検査。
結果は、私の内膜は「高温期5日目では、着床可能」という結果がでました。
前周期もこのERAの結果を元に凍結胚盤胞を移植しました。
今周期もERA周期時の内膜を再現すべく、ERA周期のホルモン補充と同じ薬剤且つ同じ量でホルモン補充を行い、
高温期5日目に凍結胚盤胞を移植する予定です。

ERA検査については医療法人オーク会のサイトに詳しい説明があります。
http://www.oakclinic-group.com/funin/era.html


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村




乳がん検診&移植後の内膜の厚さ

5回目の陰性判定から一夜明けて、、、
クヨクヨしていても判定が覆るわけでもないので、切り替えて市の乳がん検診に行ってきました。

小林麻央さんの闘病が明らかになった直後に予約したからなのか、
予約が取れたのは3か月先の今日でした。
昨日の判定で陽性だったらキャンセルするつもりでしたが、良いんだか悪いんだか無事に検診を受けれました(T_T)
ずっと後回しにしていたので32歳にして初めての乳がん検診でした。
妊娠していたら受けられないし、妊娠していない今できることをどんどんやっていこう。と少し無理やりにでも前を向く。

その後はジムへ。
ジムと行っても、フィットネスルームとお風呂のある市営の施設。
筋トレマシーンは使わず、トレッドミルと自転車マシーン専門。
トレッドミルで30分歩いたり走ったりを繰り返して、15分ほど自転車マシーン。
今周期に補充したホルモンを体から全部汗と一緒に流してしまいたい!
血流も良くして、リセットも促せたかな?明後日ぐらいに順調にリセットしてほしい。

そういえば、昨日の判定日に初めてリセット前の内膜を測った。(今通っているクリニックの判定は血液検査と内診です。)
移植日決定時(移植から6日前)7.8mm
移植日9.8mm
判定日14mm
でした。
内膜は厚い方ではないです。
ホルモン補充しなくてもこれぐらいです。
14mmの内膜を超音波で見たのは初めてでした。
昨日の朝自宅にてフライングをしたので陰性なのは分かっていましたが、内膜がこんなに厚くなっていたのでもしかして?!と期待してしまいました。
内診の後、血液検査の結果待ちの間は〝内膜、妊娠、陰性、陽性”などのキーワードで検索魔でした。
検索の結果、妊娠したら厚くなるみたいだけれど、内膜の厚さが変わらなくても陽性の人もいる。厚くなっても陰性の人もいる。とのことです。人それぞれ。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログを開設

子作りを解禁して3年、不妊治療を始めて2年と数か月経ちました。

今日は5回目の凍結胚移植の判定日。陰性でした。

これまで、同時期に不妊治療を開始された方々のブログを拝見し、
時には情報をいただき、時には励まされ、私の不妊治療において無くてはならないものでした。

そんな不妊治療同期生の皆さまも次々にめでたく不妊治療を卒業され、(うらやましい!どうかすぐ後に続けますように!)
なかなか自分ほどの治療歴を持つ方のリアルタイムなブログを見つけられなくなったため、
今度は自分の治療経験が誰かの役に立てば良いなという思いと、治療も長期化して慣れとは怖いもので細かくメモを取ることをしなくなったため、自分のための記録としてブログを始めてみることにしました。

●おおまかな治療歴●
タイミング6回
AIH6回
採卵3回(低刺激1回、アンタゴニスト法2回)
凍結3日目胚1回
凍結胚盤胞移植4回

すべての治療の結果として、一度も陽性反応はでていません。
毎回真っ白陰性。hcgみごとに0。。。

着床?何それ?
妊娠検査薬って2本ラインでるようにつくられてるの?
hcg?注射でうつ薬でしょ?
という状態が続いています。。。

●受けた検査●
卵管造影検査 激痛だったけど癒着閉塞なし
フーナーテスト 不良
染色体検査 夫婦ともに異常なし
ERA 排卵後5日目内膜着床可能
子宮内膜組織検査 問題なし

今までの治療過程で大中小いろいろな問題がありました。
日本ではまだそれほど広まっていないERAも受けました。
これからの治療状況に加えて、過去の治療や問題、受けた検査、その結果なども書いていきたいと思います。

今日は不妊クリニックで陰性判定に加えて、次周期の相談もしてきました。
今朝までのホルモン補充は中止して、2.3日後にリセットすると予想して来週の予約もとってきました。
来周期もホルモン値と内膜の厚さに問題がなければ、凍結胚盤胞を移植予定です。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 赤ちゃん待ちライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村



プロフィール

りんどう

Author:りんどう
初めまして。
関東在住りんどうの不妊治療の記録です。
私32歳、夫32歳。
現在は都内の不妊クリニックに通っています。

●おおまかな治療歴●
タイミング6回
AIH6回
採卵3回(低刺激1回、アンタゴニスト法2回)
凍結3日目胚1回
凍結胚盤胞移植4回

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。